読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生®

ゲーム、映画、ゲーム

【映画】☆4 インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

映画

 

 

 

「大衆の損失で 彼らは大儲けした」

 

 

 

最近スカーフェイスタクシードライバーゴッドファーザーと暗黒殺人映画3コンボで気持ちがどす黒くなっていたところ、穏やかなドキュメンタリーでも見ようと思って適当に選んだ1本が、なかなか唸らせる編集・内容でした

ということで今回ご紹介するのは、インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実(2010)

評価:☆☆☆☆ 誰がババを引くか

 

 

 

タイトルだけでも内容を把握できそうですが、リーマンショックを中心に金融業界のきったなさと経済崩壊の一部始終を描いたドキュメンタリー作品になっています。シンガポール首相から大学教授まで、多くの人物にインタビューを行っていますが(横文字のオンパレード!)、その都度役職と人名が出るので混乱しづらい。長い全体は5章に区切られていて章と章の間には小気味よい音楽が流れるので飽きないし、一回切り上げることもできる。ドキュメンタリーのイメージ、冗長でテンポが悪いところが解消されています。1時間30分以上ありますが、見始めたらあっという間でした。基本的に政治経済の話はクソつまらないはずが、あまりにサブプライムローンのシステムが異常すぎてそれも吹き飛びます

 

 

 

そもそもアメリカは暗黒の木曜日世界恐慌を目の当たりにして過度な投資をさせないよう厳しい規制をかけてきたつもりが、圧倒的なカネの力によるロビー活動によってそれも次第に緩和。銀行は統廃合を繰り返し、肥大化していきます。で、肥大化するとマネーパワーはより強くなり、政治に食いこむようになり、規制緩和が進み...

やがて顧客の預金もギャンブルに使っちゃう預金投資や、そもそも投資が主目的の預金銀行が出現。気が付いたときには時すでにお寿司、マフィアの資金洗浄や違法な海外送金などやりたい放題。そしてなにより統廃合がもたらした結果は、「潰れそうになっても政府が救済してくれる」というありえない慢心です。某日本国にも絶対に潰れないJALという会社がありましてね...

したがってリスクを取るほど儲かるという異常な状態が業界を支配していくわけです。証券マンに金を握らせ、顧客にクズ株を売り、儲かった金で銀行マンはヤクに買春にやりたい放題。まさかの売春婦本人(正確には経営者)がインタビューに登場し、彼らの放蕩ぶりを赤裸々に暴露していきます。これはさすがにかわいそう...

 

 

 

こうして以上に膨れ上がったいびつな金融産業は、やがて21世紀最悪の金融危機を引き起こすのです。まずここで大事なのが、規制緩和によって出現した証券化という技術です

AさんのBさんへの借金100万円を証券化すると、Cさんが90万円で買いたいと言ってきたので渡す。そうするとCさんはBさんに代わって、Aに100万請求できるというわけです。SANを打つのが面倒になってきました。Aは支払先が変わるだけで特に不都合はありませんが、Bは回収できるかわからなかった借金のうち90万だけでも回収できてラッキー、Cは90万円で買った証券で100万円の支払いが受けられてお得!

こんな濡れ手で粟の金融商品に、投資銀行が手を出さないはずがありません。ここに悪夢のはじまりです。まず「サブプライムローン」という名の通り、証券化の対象になったのは家のローンです。まずは借金してくれないと始まらない! 金にまかせて全米でキャンペーンを撃ちまくり、「夢のマイホーム」「アメリカンドリーム」とひたすら家の購入を煽り立てます。なんと全盛期のローン比率は99%というバケモノぶり、つまり99%を借金で家を買うのです。悪魔か

 

 

 

f:id:Rinthemirror:20170226194924p:plain

しあわせ家族で釣るのはどこも同じか

 

 

 

そうして得た大量のローンを投資銀行がまとめて証券化、ズブズブの格付け会社はそれにAAAランクを与えます。AAAランクは国債とほぼ同じ、つまり絶対に焦げ付かないということを意味します。そしてそれが市場に出ていく...。人はこれを詐欺という。この方法で大儲けするものが続出する中で、一つの欠点がだんだんと明らかになってきました。それは、借主がローンを払えなくなればすべてが終わるということ。そして99%を借金してまで家を買う人間が、果たして完済できるのか。先生無理です!

先ほど一つの欠点と言いましたがそれは格付け会社による嘘です。もう一つ、銀行も大きな問題を抱えていました。元来何があっても破綻しないように、そして預金が引き出せなくなる事態を避けるため、資産と借金は1:1で調整されていたはずが、規制緩和によって比率は驚愕の1:30! 資産価値が3%減ったら破綻だね!

という、誰が最後にクズ証券を手にするかというババ抜きが始まっていたということです。最後にババを持っていた人は数億ドルの罰金、人生ゲームで言えば車没収&ルーレット禁止&あるだけ借金手形を入手という状態に移行します。この時ばかりはボードをひっくり返しても許されるでしょう

 

 

 

以上、事の顛末はあまりにあっけなく、みなさんの知るとおりです

責任が結局うやむやになるのは日本特有だと思っていましたが、どうやらアメリカも同じ状況のようです。去年だったか一昨年だったか、「上級国民」というあやしいワードが流行った時期がありましたが、彼らはまさにそれにあたるんじゃないでしょうか。騒動後も一切責任を取らず、のうのうと辞職します。退職金もちゃっかり貰い、もちろん顧客を騙してもらった高給を賠償にあてたりは一切なし。面の皮の千枚張りです。おそらく数百万人単位の人生を終了させたはずですよね。彼らの来世に期待したいところです

 

 

 

f:id:Rinthemirror:20170226195044p:plain

 満を持してのブッシュ政権か、あるいはたまたまその時弾けたのか

 

 

 

なおも恐ろしいのが、今もってアメリカ合衆国ウォール街に支配されているというとこと。トランプさんが任命したのも結局ウォール街出ですしね。彼らの「反省した、もう二度とやらない」という発言は、警察24時万引き常習犯並に信用できません。おそらく内実は何一つ変わっていないのでしょう。最終章はなかば呆れ気味に終わります

 

 

 

はい、ということでいつもと毛色を変え、ちょっと勉強になる映画を紹介しました。差し押さえ状が貼られ荒れ果てた夢のマイホーム、まだ増えるだろうねとテント村で気丈に笑う男性。ドキュメンタリーでしか描けないリアルな「現実」がそこにはありました。ただ、インタビュアーがやたら手厳しいこと、取材がぶつ切りで恣意的に見えることがありまして、ちょっとそこに?を感じてしまったのがありました。それをされて当然というか、●されても文句は言えないんですけどね...。あとは、世界経済の話になっても日本が登場する機会がまったくもってないこと。ジャパン・パッシング...ではないしょうが、中国、中国、中国でなんとも物悲しいものです

今や教科書の1ページ丸々に乗るようになった「サブプライムローン問題」。普段よく目にする、耳にすると思いますが、正直「ヤバかった」という印象しかないと思います(失礼)。しかしこれほど面白い経済の話の題材はないと思うので、ぜひ入門として映画で追ってみてはいかがでしょうか。感想としてはたぶんみんな同じく「経済界全部糞」に行きついてしまうと思いますが。大いにオススメ! AAA!

 

 

 

 

 

 

 

【映画】☆4 父親たちの星条旗

映画

 

 

 

「ここは特別な島だ グアムやサイパンとは違う

 日本にとって領土であり聖地 一万二千の日本兵が死守してる

 簡単には奪えんぞ」

 

 

 

レビュー24本目は父親たちの星条旗(2006)

評価:☆☆☆☆ 人は真偽を問わない

 

 

 

一枚の写真によって英雄に"仕立てあげられた"3人の兵士の成功と破滅を描く戦争映画

 

 

 

このメインテーマがなかったら凡作終わりだったろう

曲で映画の雰囲気がわかるのもいいよね 気が付くと口笛で吹いてたり

 

 

 

 

あらすじ1

予想以上に長引く戦争に疲弊し始めたアメリカ市民たち。既に国庫の戦争資金は底をついており、一刻も早い大日本帝国の打倒が政府内外から望まれるように。そこで彼らが狙いをつけたのは小笠原諸島南端に位置する硫黄島。手に入れれば本土を爆撃機の射程圏内にとらえることができる重要な島ですが、そこは日本固有の領土でもあり、激烈な抵抗は必至でした。それでも数で勝るアメリカ軍は少しずつ歩を進め、やがて島唯一の山であり島全体を見渡せる擂鉢山の奪取に成功。勝利の証として国旗が掲げられる瞬間は撮影され、"硫黄島の星条旗"としてまたたく間に有名になります

 

 

 

「私が知るものはみな あの戦場の話を嫌った」

もう十年も前の映画だっということに驚きを隠せない。硫黄島プロジェクトもうひとつの「硫黄島からの手紙」と比較すると地味です。これは誰が見ても同じことを言うでしょう。そりゃ、アメリカ人側からすれば荒涼とした砂漠のような臭い大地をひたすら行軍し、たまにどこからともなく這い出てくる日本兵に撃ち殺されるという、あまりにクソゲー過ぎる作戦ですもんね

本作は実在の人物にスポットを当てた、ドキュメンタリー風な構成になっています。タイトルから推測できるとおり、子供が老年の父親にインタビューをしているという体です

程度の差はあれど彼らはみな戦争に病んでいる様子がみうけられます。カメラのフラッシュや花火、ちょっとした刺激でフラッシュバックが起こり、現代(とはいえ戦時中)と硫黄島で戦った過去を交互に描写され、「硫黄島の戦い」が兵士たちにとってどうだったかが浮き彫りになっていきます

 

 

 

あらすじ2

人々の頭に浮かんだのは、「写真の人物は誰か?」という疑問。名乗りを上げたのは、生きのこった3人の若き兵士たち。帰国するやいなや、国の英雄として大歓迎を受けます。あまりに話が大きく有名になり過ぎて、そこにある嘘を今更言いだせなくなった彼らは、やがて苦難に苛まれるようになっていくのでした

 

 

 

f:id:Rinthemirror:20170212195651p:plain

3人のうちこの作品の主人公は誰かといわれれば、それはインディアンの血を引く青年アイラでしょう。「プライベート・アイラ」として公開しても違和感ないです

彼をとりまく環境と生涯を追えば、20世紀後半になっても根強い先住民差別がアメリカに残っていたことがよくわかります。あのワシントン大行進が1960年代のことですから改善がなされたのはそれよりさらに後、いかにアメリカに於いて有色人種、というよりWASP以外の者が迫害を受けてきたかがわかります。そもそもフロンティアという概念から避けて通れない先住民問題に直面して、アメリカ人はジェノサイドを選択しています。黒人を奴隷階級として吸収したのに対し、こちらは全面戦争。スー族の顛末を見るに、目指したのは文字通り根絶やしです。一度は剣をたがえた相手に寛容になれるはずもなく...。「インディアンに出す酒はない」とか「インディアンめ」とか、国の英雄でもその扱いはひどいものです。こいつら同じ人間か!って、そもそも人間扱いしてないからノープロブレムなのよね

 

 

 

ネタバレになりますが、戦地から名誉の凱旋を遂げた彼は酒に浸るようになります。実はこれ、クズなアイラがただのアル中になったわけではなく、インディアンと酒には深いかかわりがあるんです。というのもインディアンには酒造の文化がなく酒に不慣れで、よく無理な飲酒で問題を起こしていたとか。こういう細かい史実設定をふんだんに盛り込まれると、こちらとしても高評価を付けざるを得ません。特に説明もなくさらっと流される細かいシーンに魂が宿っています。勉強になりますねー

日系人なんかは太平洋戦争中、もれなく事実上の強制収容所に送られていますしね。トランプ大統領の過激とも言われる対外政策は、アメリカ史を見るにさほど驚くべきことでもないのかもしれません。というより、黒人系のオバマが大統領になれちゃったことの方が凄い。平和賞も貰ったのもそれほどおかしくはないのかも

 

 

 

f:id:Rinthemirror:20170211161013j:plain

 

 

 

こいつらいつも国債宣伝してるな。日本からすればアメリカ=ゴリ押しというイメージがありますが、その物量を維持するのも一苦労だったようです。ここ硫黄島の戦いにおいても弾薬節約の為準備砲撃がぜんぜん出来ていません。ガバガバ作戦と誤爆はアメリカの華なのか...?

このお涙頂戴の国債集めショーラッシュはどこかで見たような気がします。未亡人が夫を亡くした話をずっとする映画でした。思い出せない...

 

 

 

f:id:Rinthemirror:20170212200932p:plain

発注ミス

 

 

一応戦争映画なので、戦闘シーンについて。迎え撃つ日本軍兵士の描写は少ないですが、鬼気迫るものがあります。上陸してくる米兵に向け、枯れ草で覆ったトーチカから、はたまた砂で隠した落とし戸からニューッと銃砲が出てくるシーンは映画「プレデター」を思い出しますねえ。大きな抵抗もなく悠々と上陸できて余裕に浸りきっている米兵に不意打ちが成功する瞬間は待ってましたといわんばかりです。もう一方の「硫黄島からの手紙」を見ていると、栗林中将の作戦がいかに優れていたか、米軍にとって嫌なものであったかがよくわかります。夜戦、待ち伏せ、トラップ、なんでもありのデスマッチです。「プライベート・ライアン」のように正面からあたろうとする部下の意見を無視した結果の大成功です。柔よく剛を制す...ちょっと違うか

日本軍が感情のないキルマシーンのようにしか映らなかったのがちょっとだけ残念だったかも。それでも赤ん坊爆弾や食人描写よりはマシでしょう。日米共同制作じゃなかったら幕を張ったホンジンからクリバヤシがニポッントウで指揮していたに違いない。米兵から見れば日本兵はこんな感じだったんでしょうね

最近イオージマ級の軍用艦がニュースに出てきました。確かオスプレイ関連だったと思います。ものっごい死者出した場所の名前を借りるその精神がわかりかねますが、それほどアメリカ軍にとって思いが深い土地なのでしょう。それよりもよくもまあヘリコプターにアパッチなんて名前を付けられたものですね 冏rz

 

 

 

「英雄とは人が必要にかられて作るものだ」

温まりやすく冷めやすい陸のような大衆。国に帰っても駐車場係にもなれやしない...ことはなさそうですが、偶然取られたたった1枚の写真をきっかけに全てが流転してしまう様は見どころ。話題にならなくなったら捨てられるのはいつの時代も同じ。映画が終わったあと、ボーっとエンドロールを眺めてしまうような虚脱感をどうぞ。オススメ!