読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生®

ゲーム、映画、ゲーム

【ゲーム】PAYDAY2 Spring Break 2017イベント 本体無料DLCが75%オフ その他

 

 

 

やってきましたおなじみのSpring Breakイベント。Overkillスタジオは前にPAYDAY2であと数年は稼ぐとのたまっていましたが、2017年も開発は続けて行くのでしょうか。に二次大戦版PAYDAYであるThe Raidの開発がアナウンスされ同時進行しているようなので、PAYDAY3はまだまだ先になりそうです。一応Point Break Heistのトレイラーなんかで新グラフィックエンジンの実験はしているみたいなので、意欲はあるのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Rinthemirror:20170404170402j:plain

PAYDAY 2: The Search for Kento - OVERKILL Software

 

 

 

題してThe Search for Kento、死に設定になっていたと思っていたJiroさんの息子探しがいよいよ本格化したようです。しかしいつも疑問に思うのです、「組長の娘に手を出すな」という掟を破ったJiroさんが罰を受けるのはわかりますが、なにも組長の娘まで殺すことはないだろうと。卑属殺人ですよ卑属殺人。手あかのついたバカ娘はいらないということなんですかね....。ヤクザの世界は厳しいなあ

 

 

 

Jiroさん自体幼少期に親に捨てられ暴走族に拾われた過去があるので、自分の子供にも似たようなことをしてしまって罪悪感を感じている様子。許しを乞いにコンタクトを取ろうとするようですが...。PAYDAYのジョブから言って「~を探しだせ」はたいてい金庫に逃げ延びたのをこじ開けていたぶる展開になるので、不穏ではあります。海外の掲示板で一時期Kento=Bain説が流行っていましたがそんな後付け設定はないと信じたい

 

 

 

 

 

 

ということで10日間の予定ですが、そのうち5日はクソみたいなぺーパークラフト配布でごまかされています。祭りはふいんき(なぜか変換できない)を楽しむものなのでここをうるさく言うのはやめておきましょう。目玉は明日2日目と10日目の新Jobです。そろそろGreen Bridgeあたりの旧PAYDAY: THE HEIST復刻が来ると信じたい

期間中はほとんどのDLCが75%オフ、本体は無料になるのでぜひチェックを忘れずに。この機会にフレンドに配りまくりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】☆5 ハードコア

 

 

 

レビュー29本目は『ハードコア(2017)』

評価:☆☆☆☆☆ 

ネタバレします

 

 

 

この火炎放射兵がPAYDAY2にも出てほしい

 

 

 

一般公開日本最速で見てきました! アメリカでは去年公開の映画で失敗したらしく、いつか渡米して息子を探すレンタルしてやろうと思っていましたがまさか1年遅れで日本に来るとはびっくり。ただし邦題では「Hardocore Henry」からヘンリーが削除されました。一度死んだ=存在を抹消されたことへのテーゼなのか? ということで昨日は興奮で昼も眠れませんでした。夜は眠れました

もともとPAYDAYのコラボで知ったこの映画。自分の中で、PAYDAY2のキャラクターではJimmyが一番好きです。敵を倒した時の「I'll f●ck all of you!!」が衝撃的過ぎたんですよね。他のキャラクターはまだざまあみろ的なマイルドな表現なのにJimmyさんワイルド

そういう理由もあって、どんなにクソ映画だろうと絶対に劇場に足を運んでやると息巻いていたのですが、いい意味で見事に裏切られました。上のPVのお祭り騒ぎがずっと続く、非常に濃厚な90分だったと思います。あまり売れ行きが良くなかったという話やネット上での評価を見てしまっていておそるおそるだったのですが、もうね、大満足です!

 

 

 

あらすじ

全身のほとんどを失い、科学者である妻エステルの尽力でサイボーグとしてよみがえったヘンリー、しかし蘇生直後に超能力者エイカン率いる私設軍隊がラボを襲撃、妻を奪われてしまう。追い詰められ絶体絶命のピンチから彼を救ったのはジミーという謎の男、彼は敵の組織やヘンリーの体について熟知しており、妻を取り戻すため2人は血で血を洗う戦闘に身を投じていくことになる

 

 

 

映画の構成要素は星の数ほどありますが、この場合チュートリアル後に与えられた貴重なスキルポイントを「グロ」と「アクション」に全振りしてしまったバカな最高の映画だと思います。前者に関しては特に注意喚起等はなく。予告編トレイラーのようすから骨折とマイルドな流血表現くらいかと思っていたら、始まって30秒いきなり割れ瓶を腹に刺す、首にナイフをつき立てる。思わず「いきなり飛ばし過ぎで大丈夫か」と周りを見渡してしまいました。R-15+なのをすっかり忘れていましたが、なんて趣味の悪いオープニングクレジットなのだ(恍惚)

 

 

 

オープニングがこれなので本編はもうラーメン次郎もびっくりのグロマシマシです。登場人物はまず全員むごたらしく死ぬと考えてよい

榴弾でもぎ、ビルから突き落とし、鉄杭でめった刺しにし、電気柵に押し付け、日本刀で割き、グレポンでなぎ倒す。これがほんの一部。本編ではゆうに100人以上が死にますが、それぞれが新鮮で痛快?です。かといって陳腐で趣味の悪いグロテスクさとは違って、純粋に殺すための暴力の発散の結果という感じがして、非常に気持ちがいい(サイコパス)ジミーもヘンリーも殺人狂というわけではなく、向こうがちょっかいを出してきただけですもんね。純粋なダメージ表現としてスッと入ってくるので、別段気持ち悪くはなりませんでした

 

 

 

音響がいいのがあって射撃感はマックス! それはもう気持ちよくバリバリ撃ちまくり

FPS視点らしくヘンリーの武器選びにもこだわりがあるのか、狙撃銃からライフル、ショットガン、アキンボ(二丁拳銃)、グレポン、サブマシンガン、時にはカタナや投げナイフ、瓶、そして素手でも、攻撃方法が多彩過ぎる。とりあえず思いつくもの身の回りにあるもの全部使ってしまう精神は好きです。殺した敵の武器を次々奪う感じがまさにゲームみたいでよかった

それから一人称視点では敵の攻撃も死ぬほど怖い。殴られればカメラが揺さぶられ、流れ弾は目の前の段ボールを破裂させ紙吹雪を散らせます。普通の神視点の映画だと

狙撃されてあわてて遮蔽物に隠れるシーン、それからフルオート射撃を娼館のバーカウンターに伏せってやりすごすシーン、この2つは冷や汗が出ました。「ビシュッ」という着弾音がほんのすぐそばから聞こえ、破片が宙を舞う、本能的な恐怖を感じますね

 

 

 

トーリーはあんまり...。まあ妻をひたすら追いかけるだけなので可もなく不可もなくといった感じです。ただどうやっても敵わなさそうなエイカンがいとも簡単に敗れたこと、それから妻が裏切った=ヘンリーの今までの行動は全て無駄だったってのはあまりにあっけないかなと思います

エイカンに関してはビルを傾けるほどのESP能力を発揮し、「うおお最終決戦だ」と盛り上がった直後、その辺の雑魚集団より早く片づけられたのは残念。もうちょいこうフォースを有効活用した戦闘シーンで有終の美を飾ってほしかった。キャラデザと性格は良かっただけに使い捨て感がありますねえ

 

 

 

金髪美女は裏切るの法則通り美人妻エステルも裏切りましたが、そこからの行動ですよね。ヘリのへりから落ちそうになり助けを乞うエステル、すべてはウソであり、ヘンリーの行動は「サイボーグ兵士はどこまで頑張れるか」というテストプレイに過ぎなかった。 シナリオ通りならを助けるはずが、ヘンリーは妻を落とすことを選択します。でいきなりエンドロール。結局何も残らなかったと考えるよりも、自分はこうすることでやっと作られたシナリオを抜けだし、自分の人生を歩みだすというハッピーエンドだと思います。むくわれないといえば全く報われないですし、市街地で好き放題した彼はどこまでも追われる身になるでしょうが、少なくとも自由は手に入れた。これでよかったのでしょう

 

 

 

ただジミーが絶対の善人なのが今作の救い。ピンチに陥ったヘンリーを何度も救い、時には武器を貸し、共闘し、進むべき道を指し示す。そして最後には、ヘンリーの消された記憶をよみがえらせ、本当の自分を取り戻すように告げ息絶える。イケメンすぎます。始めはただの気狂いにしか見えなくとも、彼がこの物語の唯一の救いになっています。途中仲たがいした時に彼も敵に回ってしまうのかと思いましたが、彼だけは最後まで信じられる仲間でよかった

 

 

 

絶対に一般向けはしないですが、FPSシューターが好きなゲーマーには絶対に見てほしい作品です。特にPAYDAYファンには、見慣れたバンや警察とのいざこざ、テーザー銃を食らったり、娼館の引き出しにJimmyのマスクが入っていたり、「おっ」となれるシーンが結構あるのでぜひチェックしていただきたい

観ているうちに完全に没入してしまいます。息をするのを忘れるほどという言葉の通りだと思います。爆音の銃声はぜひ映画館で体感していただきたい。最後エンドロールで一瞬ジミーからの電話が入るのは続編のための布石でしょうか。ジミーの性質上いきなりひょっこりあらわれてもおかしくはないので、2もぜひこのコンビで暴れまわってほしいですね。おおいにオススメ!